So-net無料ブログ作成
検索選択

平方電気のFireWireケーブルはすばらしい [オーディオ]

オーディオベーシック47号で山本カメラマンが紹介なさっていた平方電気のカテゴリー7のLANケーブルを使用したFireWireケーブルを入手しました。「下手なクロックを加えるより、このケーブルによる音質向上の方が効果が大きかったりもするほどの高音質」とのほめ言葉どおりのすばらしいケーブルでした。

Fireface400の付属品と比べると、スピード感が上がり、力感が上がり、切れ込みが良くなり、抜けが良くなり、音楽がもりもり出てくる感じになり、とても生々しく、デジタルくささが感じられなくなり、こまかい音がよくわかり、といった具合です。

ドナルド・フェイゲンのShanghai Confidentalは良く聴くのですが、これまで意識したことのない装飾音がクリアな定位で聞こえてきてびっくりしました。この音源、45回転LPをきのう入手して、「やっぱアナログのほうが音がいいなあ」と思ったばかりなのですが、これだと、PCの方が良いかも。

平方電気のHPを見ると、このケーブルに並んでベルデンの少し安めのケーブルも紹介されていました。電話で尋ねたところ、「ベルデンの方が解像力があるが、アナログのような感じはカテゴリー7の方が上」とのことでした。私としてはこちらを選んで正解だったと感じています。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

takahasi kazuyuki

初めてメール差し上げます。今回の用件は、平方電気製のFireWire400ケーブルの件ございます。ご存知の通り、平方電気は閉店なされ作ってもらうことはもうできません。かねてより探しておりましたところ、たまたまMinima様の記事に出会いました。そこでお願いですが、もしよろしければいずれかのケーブルをお譲りいただけませんでしょうか?ご返答をお待ちします。よろしくお願い致します。
by takahasi kazuyuki (2014-02-10 17:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。