So-net無料ブログ作成
検索選択

スキャンスピークでリアスピーカーを作る [オーディオ]

IMG_2824.JPG

夏に買ってとっておいたステレオ誌のオマケのScanspeakユニットを使って、5.1chサラウンドのリアスピーカーを作りました。わが家の模様替えでパイオニアのAVアンプ他をリビングに移すことになり、これまで持っていたケンウッドとかデンオンの奥行きの大きなスピーカーをリアに置くことができなくなったため、自作することにしたというわけです。
ステレオ誌に出ていた作例を参考に、容積およそ7リットルの細長いボックスを作り、天井から吊るす形にしました。まだ使い始めたばかりで鳴らし込んでおらず、リアだけを鳴らしてもいないので確かではありませんが、リアスピーカーとしては十分に役割を果たしているように思います。2本の材料代は板関係で約3000円、激安ケーブル等で3000円ほど、それにユニット代がほぼ2000円でした。

これまでよりも広いスペースできちんと調整してAVアンプを鳴らすと、かなり素晴らしい音がでます。映画は最高。SACDマルチも奥行きが極めてしっかり描かれます。改めて、AVアンプ恐るべし、サラウンド恐るべし。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。