So-net無料ブログ作成

7代目のゴルフに試乗しました [クルマ]

7代目のフォルクスワーゲン・ゴルフに試乗してきました。上級グレードのTSIハイラインというモデルです。
DPP_341.JPG

DPP_363.JPG

試乗車はシルバーで内装はノーマルのアルカンターラ仕様、展示車は白で内装は黒革でした。外観も中の作りも、基本は以前乗っていたゴルフ3の延長線上にあると思います。試乗は20分ほど、市内の比較的すいた道や狭い路地を走りました。

試乗で特に確認したかったのは乗り心地と静粛性でした。誇張でなく、走り始めて数メートルで独特の乗り心地にびっくり。もう少し大型の高級車、たとえばジャガーXJ350とか、BMW328iに乗って感じたような柔らかい高級な感じなんです。エンジン音や外部の騒音があまり聞こえない静粛性の高さもあわせて、ゴルフよりは2グレードくらい高級車に乗っているようです。CG誌では「800万円クラスの車に乗っているよう」、ベストカー誌では「クラウンかBMW5シリーズみたい」などと表現されていたのも納得できました。動き出して時速10数キロくらいまでの間が特に、とても柔らかい乗り心地で感心してしまいます。ガタガタした路面でも熱したバターナイフでバターの固まりをなでるように、すーっと通り過ぎます。
オプションのDCC付きのモデルでしたので、コンフォートとスポーツモードを切り替えて見ましたが、コンフォートはちょっとふわふわしすぎで、スポーツでも十分すぎるほど「コンフォート」でした。それから、乗っていてしばらくするうちに、何かちょっと違和感も覚えました。高度な技術でむりやりすばらしい乗り心地にしている作為的な感じが気になりだしたのです。たくさんの評論家がひとつ下のノーマルグレードの足回りの方が良い、と言っているのはこのあたりの感じを指すのかなと思いました。もしかすると、ホイールベースの短い小型車なのに無理やり良い乗り心地にしているのが違和感を強めているのかも、とも思いました。
静粛性についても、実はちょっと残念な点がありました。エンジン音はとても静かで、ガラスの向こうから進入する音はとても静かで、こちらも高級車並みの印象です。ただし、ロードノイズはあまり抑え込んでいません。荒れた路面に差し掛かるとザーッとかゴーっとかいう音が強まります。それでもアテンザよりも静かではないかと思うのですが、ほかのノイズが気にならないだけに、ロードノイズが特に大きく聞こえてしまいました。で、私はロードノイズこそ、抑え込んで欲しかったのでした。ディーラーの方いわく、ゴルフは伝統的にロードノイズは聞こえるほうだ、とのことでしたが、ほかで伝統を守るよりも革新的な技術が多く導入されているのに、そんな伝統、守らなくても良いのにねえ。

DPP_348.JPG

もうひとつ5人家族である私にとって最も重要なチェックポイントは、後席の真ん中に子どもがちゃんと乗れる広さかどうかでした。
DPP_366.JPG

残念ながら、もう少しシートのセンター部分がゆったりしていると良かったと思うレベルでした。膝前は十分に広かったと思います。(身長178cmの私が前席をセットした上で、後ろに座りました)

DPP_375.JPG

エンジンはとてもスムーズでパワフルで、必要にして十分以上でした。振動も少なく、エンジンが小さいおかげか、アイドリングストップからの再スタートはアテンザよりも振動が少なく、ぶるんぶるんのBMWとは段違いでした。試乗車は燃費が12.5km/hと表示されていましたが、これまでの車ならカタログの半分ほどの8km/h程度だったので、ずいぶん燃費は良いです、とのことでした。

DPP_368.JPG

中央のモニターには現在、ナビが搭載できず、今後、オプションで搭載できるモデルが設定されるとのことでした。価格は20万円程度とのことでした。あと、画像はないのですが、これだけさまざまな最新機能が盛り込まれたにもかかわらず、スマートキーが設定されるという情報は来ていないとのことで、当面は差し込んで回す昔ながらのキーでエンジンをかけることになるそうです。ちょっとびっくり。

DPP_372.JPG

電動シートは革内装を選ばないとついていないとのこと。全体に高級感満載になっているのに、試乗車でシートをぎこぎこ動かすのは原始的な感じがしました。

以下、少々ディテールを。
DPP_343.JPG

ヘッドライトも、意外に複雑な作り。

DPP_346.JPG

ミラーは塗装されていなかったゴルフ3と大違いのデザインチックな外観。高級車に多い斜めに上がる形で閉じるのだそうです。

DPP_344.JPG

DPP_364.JPG

DPP_365.JPG

DPP_347.JPG

ドアハンドルはゴルフらしくやぼったいデザインのまま。アルファ159のため息の出るようなデザインのかけらもありません。

DPP_369.JPG

カーボン調の飾りが付いているのはゴルフらしくない点。

DPP_367.JPG

後席用エアコン吹き出し口も、ゴルフらしくない点。


オーディオについてはあまり情報を聞かなかったのですが、場合によってはアンプがスピーカー側に付いていることもあるということで、自分でいじるのは大変かも、とのこと。
DPP_371.JPG

DPP_370.JPG

ドアは厚いので、ウーファー用の容量はけっこうありそう。

DPP_374.JPG

グローブボックスの中に、CDとSDカードの差込口がありました。センターのモニターは固定式なのだそうです。これは合理的で良いかも。

なかなか楽しい試乗でしたが、乗り心地と静粛性については、期待したほど感激したわけではありませんでした。特に乗り心地については、下級グレードの方が良いのではと思いましたが、そちらは革のシートがつかないんだよねえ。それに後席中央の横幅が(わが家にとって)足りないのは、けっこう痛いポイントでした。

さて、この後はどうしたものかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。