So-net無料ブログ作成
検索選択

ソニーRX100M2がミノルタTC-1の末裔である証かも [写真、カメラ]

DPP_852.JPG

ミノルタTC-1がもう手元にないので、おぼろげな記憶でしかないのですが、RX100M2の、このショルダー部分の形はTC-1にそっくりではないでしょうか。前の方(被写体側)が横長で、後ろ(顔側)がすぼまっていて、ゆるやかにきれいなカーブを描いています。この角度の感じ、よく似てると思うんです。


DPP_854.JPG

反対側も同じ感じに作られています。


DPP_853.JPG

いまどきのデジタルカメラだけにTC-1ほどシンプルでなく、ラインの美しさがそれほど強くは感じられませんが、何やら作り手のこだわりが感じられます。実はほかのデジカメもこんなものだったりするのでしょうか?
ニコンが先祖がえりのような一眼レフを出し、キヤノンT90に始まった未来的なデザインにこだわる理由もなくなったと気づかされました。美しいカメラというのはありだなと思います。

と、ここまでアップした後でカメラ屋さんに行く用事があったので、見てみたら、各社のはこういうラウンドにはなっていませんで、この機種ならではという印象でした。ところが!
TC-1の画像も見てみたら、お恥ずかしいことながら、前がすぼまって後ろが広がっていて、逆だったのでした。誠に失礼しました。手の中に収めた感触がよく似ていたので、勘違いしてしまいました。
まあソニーの人たちに知られず密かにミノルタのDNAを残すべく、前後入れ替えたけど同じデザインモチーフにした、ってな隠れたエピソード、ありませんかね。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。