So-net無料ブログ作成
その他の音楽 ブログトップ

ドナルド・フェイゲンでDVD-Audioを堪能する [その他の音楽]

IMG_5380.JPG


morphthecat.jpg


ドナルド・フェイゲン(とスティーリー・ダン)のDVD-Audioにはまっています。名作「ナイトフライ」とそれより古い「ガウチョ」、一番新しい「モーフ・ザ・キャット」を入手しました。

SACDで聴く多くのクラシックソフトとは、リアチャンネルの使い方がまるで違います。コーラスやホーンなどを主にリアに割り当てたりして徹底して遊んでいて、CDとは別の作品のように感じる瞬間もあるほど、違います。オーディオ的快感は非常に大きく、当たり前ですがLPレコードの音がどんなに良くても不可能な世界です。なぜか「ナイトフライ」は2chと大きく違う印象はなく、「ガウチョ」のほうが面白いです。新しい「モーフ・ザ・キャット」のほうがさらにクオリティは高いです。あとカマキリ何とか、というのもDVD-Audioがあるはずですが、入手できていません。

ここまでは激安DVDプレーヤーで聴いたときの話でしたが、foobar2000にコンポーネントを入れるとパソコンでDVD-Audioを再生できるようになるとのことでしたので、やってみました。2つ目の画像のとおり、24/96による5.1chもソフト上は再生できたのですが、まだそのようにFF400から先を結線できていないため、今のところパソコンでは2chまでです。それでもCDと比べると音の密度や美しさがぐんと上がった感じで、ほんと、浸りきってとろけてしまいそうです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

鈴木常吉さんの「ぜいご」+ボーナスCDなど [その他の音楽]

新着ソフト3題。

タイトルの鈴木常吉さんのCDは、ささきさんのブログで拝見し、興味を持ちました。ギャラが現物になったため、本人が直売されているとのことで、本人様から購入させていただきました。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/tunekichi/
歌は、とてもシンプルで、ずっと聴いていたくなります。良いです。私はこの方の歌が使われたドラマを見ていませんでしたが、見たかったなと思います。ボーナスCDをお付けいただいたのも、何やらうれしく感じました。

2つ目は低音の凄さでかなり知られたブロンバーグ「HANDS」です。低音フェチの私には、とても心地よいです。オーディオ用の作品には、音以外に見るべきもののないソフトも存在しますが、これは音楽的にもよく練れていて楽しめます。

3つ目は、清水靖晃さんがサクソフォンで演奏した「バッハ・無伴奏チェロ組曲」全曲です。以前、CMで使われてかなり有名になったやつです。そのCDは愛聴盤でしたが、今回、入手したのはDVDオーディオ盤です。ほぼ死滅したDVDオーディオですが、先日からスティーリー・ダンの「ガウチョ」とか、マーツァルによるマーラーの交響曲などを聴くにつけ、実はSACDよりもこちらのほうが良いフォーマットではないかという気もして(気のせいかも)、在庫があるうちにできるだけ買っておこうと思っているところです。
聴いてみると、やはりCDよりは格段に自然で良い音がします。さすが24bit192kHz。CDだと強奏部分で耳が痛くなりますが、DVDオーディオだと心地よい範囲に収まります。また、CDでは、時々粗い感じも受け、興ざめしましたが、こちらはとても目の詰まった緻密な感じがして、すばらしいです。2chなのは、ちょっぴり残念です。

何でLPとかDVDオーディオとかにひかれるのだろう。滅びたからかな。ちなみにLカセットは知りません、私は。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
その他の音楽 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。